忍者ブログ
包む紙を増やす
[80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72
[PR]
2017/11/21 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/05/27 (Thu)


シューベルトは、交響曲は、B(マイナーで第8時には交響曲第として番号付け7 [1])、一般的に"シンフォニー"(ドイツ語:Unvollendete)未完、D.759は、1822年に開始されただけの2つの動きを左として知られて完全であるにもかかわらず、シューベルト、別の6年間住んでいると知られている。スケルツォは、ほぼピアノスコアの完成が2つだけのページも、生き残ってオーケストレーションした。それは長い間、シューベルトの代わりにロザムンデ彼の付随音楽から大きなロ短調幕あいになったフィナーレをスケッチがあります理論が、されている、これは状況がすべての証拠。[1] 1つのシューベルトのは去るために考えられる理由交響不完全同じメーター(の優位性は3 -バーで)。第1楽章は3 / 4、3 / 8(不完全なスケルツォ)3番目の2番目の3 / 4もしています。の行の3つの動きはまったく同じメーターはほとんどすべての交響曲で、ソナタや偉大なウィーンの作曲家の室内楽作品を(まれな例が発生するハイドンの告別交響曲は)です。 

初期の歴史 

1823年、グラーツ音楽協会は、シューベルトに名誉卒業証書を与えた。彼はそれらに戻るのシンフォニーを捧げる義務と思い、彼の友人アンセルムHüttenbrenner、社会の代表的な、彼は1822年に書かれていたスコアだったに提供。これは、多くが知られている。 
何が、と知られていない、ほぼ確実に知られることはありません、書き込み方法交響シューベルトの多くは、どの程度の彼はHüttenbrennerに与えた書くやったことです。以下は、存在する:最初の2つの動きがフルスコア内に存在する、フルスコアでスケルツォの最初の2ページ、ピアノスコアのスケルツォの残りの部分が、任意の4番目の動きのない[2]。フィナーレ(4楽章)Bはマイナー)は、交響曲その時点で書かれたノルムをされているであれば、ホームキー(で、しかし直接的な証拠は、シューベルトは、これまでも、この動きに作業を開始されます。これは、幕あいはロザムンデ(ロ短調で書かれて交響曲と同じ計装で)からだったと推測されていることシューベルトは遊びに充てる第4楽章、しかし学者はこのことについて合意されていない。が表示されるようされてページスケルツォの冒頭後に引き裂かする。 
事実Hüttenbrennerは作品を実行、あるいは彼は、原稿があった好奇心が、様々な理論につながっている社会を認識してmakeを持っていなかった。彼はシューベルトの不完全なスコアを与えられ、残りのを待っているさ何も言わず前に提供されるか?もしそうなら、彼は待っていたシューベルトの人生の残りの5年間の無駄。シューベルトは1828年に亡くなった後、なぜHüttenbrennerは、原稿知られているの存在を確認しなかったのか?引き裂かれたページが、彼は何とか片が破損していたと負けにも最後の2つの動きを破壊する?[3]管理シューベルトが亡くなった後、彼は37歳の仕事の存在については何も言った理由が罪悪か?お勧めしない老齢と死が近づいてはHüttenbrenner最終的に作業を明らかに要因となっているようだ。これは1865年に、彼が76(彼は3年後に死ぬことをした)が起こった。彼が指揮ヨハンフォンHerbeck、1865年12月17日にウィーンで現存する2つの動きを実施し、フィナーレとしてシューベルトの第3交響曲の最終楽章を追加することを示した[4]。スコアは、1867年後まで公表されなかった。 
時には、この作品はに交響曲第7(新シューベルト版の例として)、他の仕事もするシューベルトの第7回と呼ばれるので、言及されも不完全で、残っていたが、別の方法です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:




カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Designed by shiena
忍者ブログ [PR]